konomanoma

古い家より
<< 天井 | main | 11 >>
ホテルオークラ


長年行きたいと思っていたところへ、やっと行くことができました。

ホテルオークラ東京のメインロビー。
柿傳に続き、設計は谷口吉郎です。








エントランスからまっすぐ進み、ロビーの上を横切るブリッジを越えると、吹き抜けの空間が広がっています。写真で何度も見ていたこの場所に初めて身を置いてみると、静かに佇む美しさに体がゾクゾクするほどの感動を覚えました。

吹き抜けといっても、ただただ大空間なのではなく、あくまでヒューマンスケール。むしろ、高さを抑えた吹き抜けといったほうがいいかもしれません。(実際、上の階に行くと天井に手が届くほどでした)この大きすぎない吹き抜けは、階段4段分床を下げていることもあり、とても落ち着きます。

障子、欄間の組子、壁の織物、照明・・・目に映るものすべてが美しいのは、空間のボリューム同様、それぞれがちょうど良い寸法で調和しているからこそ。そこに、障子からの光がやわらかく射しています。

















梅花の形をしたソファとテーブルのほかにも、吹き抜けとは対照的に、こもるような居心地の良さを感じられるスペースがあるのも魅力で、あちこちのソファに腰を掛け、じっくり味わわせていただきました。



ここにいる間 「もったいない」 を何度も繰り返す夫。もちろん私も同感です。
ここにしかない、こんなにも素晴らしい建築が近々壊されてしまうなんて、とても信じられません・・・




 
| 建築 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.konoma.net/trackback/1220761
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE