konomanoma

古い家より
茶会
谷中でのお茶会に続き、ゴールデンウィークはじめには横浜で立礼のお茶会に参加し、こどもの日は東京国立博物館の庭園内にある茶室「九条館」での茶会。お茶にどっぷりの2週間でした。

天候に恵まれ、たくさんのお客様にお越しいただいた九条館の茶会は、点前、半東、運び、水屋などの仕事をこなす大忙しの一日でしたが、視界に入ってくる建物の美しさや、庭園の緑、木漏れ日にとても癒されました。



写真を撮る暇がなかったのが残念でしたが、帰り際に唯一撮ったのがこの写真。引手です。
慌ててたのでピンボケですが、九条家の家紋である九条藤があるのがお分かりでしょうか。
床などの壁面に描かれた狩野派の山水図とともに、このような美しさも所々に際立っていました。





古い家の庭では、去年植えたアジサイがどんどん成長中。
茶会が終わってホッと一息。新緑の季節を楽しみたいと思います。

 
| お茶 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
谷根千散歩はいかが
今週土曜日の23日に、カジュアルなお茶会に参加いたします。
お散歩するのが気持ち良いこの季節に、谷根千散策+お抹茶はいかがでしょうか。
普段着で気軽にお楽しみいただけます。ふらりとお茶しにいらして下さい。
 
日時 … 4月23日(土) 11時から15時30分まで(予定)
場所 … 天台宗 総持院
   東京都台東区谷中6-2-33(日暮里駅南口より徒歩6分、千駄木駅より徒歩8分)
薄茶・干菓子で500円


日暮里駅南口より写真の谷中霊園を抜けるとすぐです
 
| お茶 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
柿傳


今年の初釜は柿傳にて。
素晴らしかったです。


「柿傳」 設計 谷口吉郎  1969年



























先生の点てるお濃茶、社中の方お手製の花びら餅や干菓子もいただき、初釜を堪能いたしました。
今年もお稽古に励みます。


| お茶 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
お茶会


先月末のこと。
2度目の亭主を務める機会に恵まれました。
今回は、社中同士のお茶事ではなく、週末2日間の計5回、外部のお客様を招いてのお茶会です。

せっかくなら家族を誘いたいけれど来てくれるかしら・・・と心配しましたが3人ともOK。友人も親子で来て下さり、お客様は社中1人を含む計8人。うち4人が子供。
今回の亭主5人のうち唯一お茶名を持っていない私の席には、尊敬する大先輩が半東として入って下さり、さあ参りましょう!と席入りした途端、最初の亭主の挨拶で極度の緊張。こんなにも声が震るか!? と自分でもびっくり。
お点前を始めてからは、なんとか落ち着きを取り戻し、失敗もありましたが無事に終えることができました。
最後に、お客様へ先生が用意してくださったのは、吉祥文様の焼印があるかわいいお菓子。開けたときに思わず嬉しくなるお土産でした。


初めてのお茶席というお客様がほとんどでしたので、待合で社中の方が緊張を和らげてくださったり、席中では先生や半東の方が場を和ませてくださいました。亭主だった私がそのような心配りをする余裕を持てなかったのは、大きな反省のひとつ。
お客様に楽しんでいただくためにお茶を点てる。そんな当たり前なことに改めて気付き、ほかにも多くのことを学んだお茶会でした。

また、緊張しながらも大真面目にお点前している姿を家族や友人に見てもらえたことは、貴重な経験です。
茶道を始めてからずっと、現代の生活と茶の湯には距離がありすぎると考えていましたが、その距離は自分で縮めることができると感じました。このことは、私にとって大きな収穫です。


ビッグイベントが終わりホッと一息ついたところで、ホリデーシーズン到来!
健康を第一に、仕事も頑張って、思いっきり楽しみたいと思います♪
本格的な冬がやってきました。体調を崩しやすいこの季節、皆様もお気を付けくださいね。

 
| お茶 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
初亭主



茶道をはじめて5年。
この5年間多くのことを学ばせていただき、今回初めて亭主を務める機会をいただきました。

できる限りの準備をしたつもりでしたが、いざ亭主として臨んでみると細かい部分で迷うことばかり。未熟さを痛感しました。先輩方のように亭主をこなせないけれど、せめて感謝の心をこめてお点前したいと考えていましたが、目の前のことで精一杯になってしまいました。

今まで何度もお茶事に出席させていただきましたが、亭主を務めたことで見えていなかったことの多さに気付くことができ、今後のお茶事では、視野が広がってさらに勉強になるだろうと思います。

お点前のこと、懐石のこと、お着物のこと・・・など学ぶことは限りない世界ですが、これから先も楽しみながら続けていきたいです。


無事にお茶事が終わり、頼りない亭主にお付き合いいただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいのとき、ふと携帯を見ると、子供のバスケの大会で1勝したと夫からのメール。そして女子のチームも勝ったとの知らせが!長男が6年、次男が4年。長男がキャプテンになって初めての大会で勝つことができて、今度はうれしくてたまらない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

子供のバスケのチームで今年度役員をやっているのに、お茶事と重なってしまったので、事情を説明し今回の大会を欠席したので、今回亭主をさせていただけたのは、ご理解いただいたチームの方々のおかげでもあります。そして子供と夫の理解には感謝してもしきれません。

男3人が帰って来て、出かける元気があるか確認したら、OK!の返事。
夕食は焼肉でお祝いしました♪

| お茶 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペンチ


明日のお茶事に向け、銀杏と格闘中。
明日の朝は着物の帯と格闘してから、お茶席を楽しんでこようと思います♪

| お茶 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
古帛紗



お免状をいただいたお祝いに先生がくださった古帛紗。
感謝の気持ちでいっぱいです。

| お茶 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
懐石



もうすぐお茶事。
懐石料理の分担は胡麻豆腐になりました。
材料の準備はOK!夜に作ります。


| お茶 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
惜春

11月からの炉でのお点前も今月で終わり。
炉の最終月は透木釜(すきぎがま)という釜を使います。
先日は、透木釜で炭手前のお稽古もさせていただきました。

透木釜は、炉縁の下に透木とよばれる小さな木を置き、その上に羽のついた釜をのせます。
炉全体を覆うようになって炭が見えなくなるので、熱を遠ざける役割があります。
暖かくなってきたこの時季の、お客様への心づかいですね。

極寒の2月は大炉で炉の暖かさを、3月は釣釜、そして4月は透木釜。
季節に合わせたお点前とお道具。興味は尽きません。



先日の主菓子 「藤波」

| お茶 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
お稽古前の懐石教室

月末に行う茶事に向けて、先生が料理教室をして下さいました。
茶事の懐石は、分担して作っているのです。

湯炊き、向付、煮物椀、焼物。
炊き合わせや香物の切り方。
基本的なおだしのとり方まで。

茶道を始める前は知らなかったことだらけ。
懐石のいただき方もまったく分かりませんでした。
そんな私でも、先生の熱心で丁寧なご指導のもと、なんとか料理を分担できるように。
今回も、とても勉強になりました。
当日は失敗できないな・・・。

先生の家のキッチンは、とても使いやすくて参考になります。
キッチンといえば、こないだ買った雑誌「住宅建築」も台所特集。
食べることは暮らしの中心なので、設計のいちばんのポイントだと思います。


作った料理をいただいたあとは、茶道のお稽古。
茶事では亭主を補助する半東をやるので、その特訓でした。
覚えることがたくさん。
次回も茶事に向けてのお稽古なので、しっかり復習しなくちゃ。





| お茶 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE